長径手術ができるクリニック|なぜ人がこのクリニックを選ぶのか?

長径手術|体内に埋もれた漢(おとこ)を取り戻せ!

長径手術とは、陰茎、つまり漢(おとこ)を引き出すことによって平常時3〜6cm(人によって効果は異なります)ほど伸ばせるという手術方法です。

 

長径手術の効果に関しては、否定的な意見もあります。しかし、サプリメントや、器具で大きくしたりするよりもかなりの効果があることは確かですし、サプリメントや器具は”安物買いの銭失い”にも終わりますし、とても危険な側面もあります。

 

長径手術は、包茎手術に比べて、高度な手術の技術が必要とされるために、施術できる医師が多くありません。

 

有名なクリニック(ABCクリニック)などの医師であれば、ほぼ100%と言っていいほど危険はありませんし、確実にその効果を得られることができます。

 

ペニスを長くするが長径手術・短小を克服

ペニスの大きさ、長さは本来、他人と比べるものじゃないのかもしれないですが、やはり温泉などふとしたシーンでは、気になってしますものです。

 

雑誌の広告や、ネットの情報で、平均のペニスのサイズなどを見たこともあるとは思いますが、もちろん情報とは宛てにならないもので、どの情報なども平均サイズが違います。

 

大体、長径手術や増大手術に来られる方の平均サイズはノーマル時6.8cm〜勃起時11.9cmと言われています。

 

大きくするのは長茎手術をするのか、注入施術をするのかカウンセリングを受けてから決めたほうがいいでしょう。
どの医院も無料カウンセリングを行っています。

 

長茎手術の方法

ペニスの海綿体という所には、下腹部に3〜5cmほど埋もれています。
その下腹部に脂肪が多い人はさらに埋もれてしまい、本来の男の姿を失っています。
これを外へ引き出して、脂肪吸引をすることで、ペニスを長くすることが可能です。

 

3〜6cmほど基本的には長くすることが可能で、しかも軽い包茎の方であればこの長径手術で亀頭が露出することもあるそうです。

 

長茎手術のさまざまな手法について

 

長径手術のための医療用語単語集

 

陰茎って何?「彼氏のペニスどんなのだったら嬉しい?」の答え。