第三章「ABCの医師」 | 切らない長茎(径)手術クエスト体験記|積年の悩みも短時間で解消 | 切らない長茎(径)手術に至るまでの経緯と、経験談をドラクエ風に表現してみました。積年の悩みも短時間で解消しましたよ。

注目の記事 PICK UP!

第三章「ABCの医師」

09

この章では「切らない長径術」のABCクリニック無料カウンセリングに行った日の事を書きます。

今までのイヤ過去を振り返りつつも一念発起した日の事。

30代に入り、自己啓発本の書籍も見て、そして、おかんも歳をとってきて…。

やっぱりこのまんまじゃあかん…

一応、俺は「正社員」として働いている身で、曲がりないにも貯金はあり、風俗もいかねば、趣味は多少のネットゲーム(無課金組)で仕事はマジメにするタイプ。
毎日毎日、口の臭い会社の上司に説教をされながらでも我慢して我慢して、たまのストレス解消と言えば、大量に肉を買い込み、一人焼肉と、ビールをたしなむ程度。

なんとも地味な人生だなと思う人の方が多いでしょう。
そう、第一章でも説明した通り、マジメにならざるおえない、むしろそれくらいしかやることのない人生なのです。

恥ずかしながら20代後半の時”人生とは何ぞや?”と思い悩んでいた時期もあり、なぜか坊主にして、出家することもなくただただ座禅をしていた時期もありました。

そうです。
そんなマジメな私にも、今までの人生を、ぶっ壊すかのごとく一念発起してABCクリニックに無料カウンセリング予約のメールだって出来るのです。

”逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ”そんなエヴァの名言にも後押しされて、フォームメーラーからクリックぼたんを押したのを覚えています。

ABCクリニックに行ったのは休日でした。

ABCクリニックの無料カウンセリングを、メールで予約してから数日。
精神的な余裕も欲しかったので、休日にカウンセリングに行きました。

家からABCクリニックまでは片道約1時間。
電車で1時間くらいの所でした。
この時の気持ちは・・・

「おてんば娘め!見返してやる(もう結婚しています)」
「これを短小を解消したら風俗に行くぞ~!!!」
「出会い系サイトや、出会いカフェで遊んでみるのもいいな」

なんて思っていた半面・・・

「あ~予想以上にお金かかったらどうしよう」
「もし、カウンセリングで決めてしまって、万が一、手術の失敗があったらどうしよう」
「成功したとしても、ペ●スが変な形になってきたらどうしよう」

前にも言ったんですけど、考えだしたら本当にきりがない…

そんな気持ちを両脇にかかえ、電車はただただABCクリニックに進んで行くのみ。

まるで小学生の頃に歯医者にむかう気分でした。
(小学生の頃の歯医者ってかなりハードル高いという意味で・・・)

ABCクリニックに到着。長径術の無料カウンセリング到着。

ABCクリニックに到着すると、ドキドキしながら、ドアを開ける私。
妙な緊張感がありますね・・・

ドアを開けて「無料カウンセリング」に来た事を説明。

そこから、用紙のようなものに書き、待つ事、数十分。

手汗がすごかったことを覚えている。
スタッフの人「チョウスケさん、お待たせしました、こちらへどうぞ」

医師のいる部屋へ入り、カウンセリングが始まる。

「ついにきてしまった。」と思いましたね(;^_^A

もう短小ともお別れだ・・・と、この時にはすでに心に決めてましたが、他の医院の無料カウンセリングも受けてみたいので、メモ帳をもってって詳細を書いたのを覚えています。

無料カウンセリングでは、実際にズボンを脱いで、見てもらわないといけないので、ちゃんとキレイにしていくことをおすすめします。

無料カウンセリングが終わりました。

ABCクリニックの無料カウンセリングが終わると、切らない長径術に関する費用の説明を受けることになります。

支払い方法などの説明を受けたりすることになります。

「切らない包茎術は15万円だけど”他に要らないものを薦められるんじゃないか?”と心配してましたけど、そんなことはありませんでした。」

関連記事

  1. 10

    第二章「おてんば姫の中傷」

  2. 02

    ご挨拶。

  3. 01

    第一章「中坊の戦士たち」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP