長径手術体験後1日目~やっぱり効果は高いですね!!!最高の気分~ | 切らない長茎(径)手術クエスト体験記|積年の悩みも短時間で解消 | 切らない長茎(径)手術に至るまでの経緯と、経験談をドラクエ風に表現してみました。積年の悩みも短時間で解消しましたよ。

注目の記事 PICK UP!

長径手術体験後1日目~やっぱり効果は高いですね!!!最高の気分~

08

カウンセリングから数日がたち、手術が完了。

今日は術後の1日目である。

デスピサロ戦(切らない長径術)も終わりを告げ、1日目の朝が来た。

この日は7時に目が覚めて、鏡の前に立ちつくす私。

朝、太陽が昇り、小鳥のちゅんちゅんという鳴き声が聞こえる。

平和だ・・・。

そう、ペニスが伸びた事によって、私の心は半端ではなく満たされた。

(戦いは、終わったんだ。長い長い心の葛藤。苦悩。挫折・・・彼女を作るのを諦めたこともあった。友達と風俗に行くのを断った夜もあった。AVを見て自慰をしている時に、虚しすぎて猿のようにこすったり伸ばしてみたりした夜もあった。そんな苦痛からはもう、解放されたんだ)

そう考えるだけで、私の心は踊った。

だが、その踊る心とは反面に、私の下半身は、痛みという名の産声を高らかに上げていた。

”THE 痛い。”

そう、どのサイトの体験談を見てもこの感想は変わらなかった。

そして、そのサイトをドギマギしながら見ていた私も、いま実際に経験しているペニスの痛みと、なんだかよくわからない不安。

・・・「私のペニ公は大丈夫なのだろうか?」

まだ太陽の差し切っていない3月の窓辺、鏡の前、私は小声でそうつぶやいた。

心の爽やかさとは裏腹に、傷むペ二公。

医師から言われたことを守って、それなりの処置をした。

この処置の方法に関しては、このブログページに来たくらいのアナタですから、もう散々、色んな人の体験ブログを見てきただろう・・・と思うので、あえて割愛させていただく。

かと言って、私のページに残っていてほしいので、まだ読み進めて頂きたい。

下半身の痛みに伴う事に対しての、心の動きを鮮明にアナタに伝えられたらと思う。

術後の1日目というのは、さっぱりとした気持ちと裏腹に、不安も付きまとう。

”このまんま縮んだらどうしよう”とか”本当に切らない長径術で効果はあるのか”とか、頭の中に色んな事がよぎる。

いや、実際に効果はあったのだ。

効果はあったのだけれど、ちょっと気になることがある。

誰の意見を聞いても「効果は切るタイプの長径術の方が高いです」というのと「切らない長径術は医師の技術が高く求められます」という言葉だ。

なぜ、あえて”切らない長径術”を選んだのかは、いう間でもなく、その切らない長径術が気になっているアナタ、、、そう、アナタのためを思ってこちらを選んだのです。

以前にも書きましたけど、私は貯蓄も小まめにしてきたタイプで、かなり貯蓄がございます。

真面目一貫タイプです。
根は不真面目ですけど、社会に出てからは真面目そのものです。

ですので、本当であれば”切る長径術”の方を選んだ所で金銭的にも、なんら、問題なかったのですが、思い切って”切らない長径術”選んだのは、この迷える子羊のアナタのために、状況を伝えたいという想いからでした。

ズボンは緩めでオーケー

前もって知識を知っていたのですが、今日、この日のために大き目のパンツを買っていました。

1サイズ大き目のスーツです。

これがなければ、ちょっとした擦れでペニスが傷むそうですので、キツイパンツは履かないことをお勧めします。

これはもう結構、みんな知っている事だと思いますが。

1日目はやっぱり安静にしておける状況で居るのが、この切らない長径術でも大事なんじゃないかなと思いましたね。

とりあえず、私は有休を3日と大目にとっての手術に挑んでいましたので、4日目からの出勤は余裕だろうという気持ちでいっぱいでした。

関連記事

  1. 00944

    テレビでは包茎手術の後にクレームが多発しているというニュースが流れましたね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP